ライフワークバランス

「どうして娘の一番可愛い時に側にいなかったのか?」
何気なく見ていたので、どこの企業のコマーシャルかわかりません。
また正確な文言も拾えなかったのですが、仕事人間できたことを後悔する上記のような会話を取り上げたコマーシャルがありました。
私たちの若い頃では考えられないコマーシャルで、頭では分かっていたものの、改めて時代の変化を実感しました。
私たちの若いころは、とにかく皆が仕事人間。
毎日、遅くまでの仕事に休みはゴルフ接待と家族で過ごす休日は月に一度あるかないかくらいでした。
それが最近ではライフワークバランスや育メンが叫ばれ、パパ一人でベビーカーを押している姿も目にするようになっています。
可愛い子供の成長に携われないのは、確かにキラキラした宝物が指の間からどんどんこぼれ落ちているようなもの。
出来るだけ、子どもに寄り添えるライフスタイルが望ましいですね。

●お金のかかる趣味

Posted: 土曜日, 6月 15th, 2013 @ 22:29
Categories: 未分類.
Subscribe to the comments feed if you like. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.