3Kを選ぶ人も増えている?

仕事は先ず第一に収入を得る手段です。
ですが、自分を表現する手段でもあります。
社会のなかで何らかの貢献をしている実感を味わいながら報酬を得ることができれば幸せといえるでしょう。
特に好きなことをしながら、それが仕事になるのが理想ですね。
例えば、プロスポーツ選手や歌手などはそうした例と言えます。
ですが、理想的な仕事ではなく、誰かがしなければ世の中が成立しない職業は存在します。
例えば、3K(きつい、汚い、危険)と言われる職業がそうです。
こうした仕事は職人的な仕事が多いのですが、最近はそうした仕事に目を向ける人も増えているようです。
それは、これからの流動化していく社会の中で、手に職をつけることのほうが有効と判断しているからだと言えそうです。

Posted: 火曜日, 5月 7th, 2013 @ 20:40
Categories: 未分類.
Subscribe to the comments feed if you like. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.